もっちり泡洗顔で肌が変わった!どろあわわ

最近、洗顔石けんを変えました。そのおかげかお肌のキメが整い明るくなってきました。

以前はボトルから泡が出てくるタイプのものを使っていました。泡がすぐ出てくるので
ラクでよかったのですが、すすぎの後のぬめりが少し気になっていました。

で、何に変えたかというと「どろ豆乳石鹸 どろあわわです。
聞いたことありますか?最近ではテレビCMでも見かけるようになりました。

doroawawa1-1x550


リピーターも多く2年間で売上が27.5倍になったという注目の洗顔石鹸。
くわばたりえさん、東原亜希さん、ほしのあきさんなどの多くの芸能人も愛用とのこと。


“どろあわわ”は海の恵みに秘密あり

奇跡の泥「くちゃ
沖縄で古くから美容に使われてきた「マリンシルト」という海の泥。
髪の毛の1/16というとても細かい微粒子が毛穴に入り込み汚れを吸着してくれるのです。

火山灰から生まれた粘度「ペントナイト」
数千年前の火山灰が海底に蓄積された粘土。粒子が細かく吸着効果を高めます。
「くちゃ」と混ぜることで、さらに汚れをしっかり落とし毛穴を引きしめます。

実際に見せてもらいました〜。

doroawawa1-2x550

(左:ベントナイト  右:マリンシルト)

汚れを落としたあとは、しっとり

しっかり汚れは落ちるけど、お肌が乾燥してカピカピになってはガッカリですよね。
どろあわわは”スッキリ”と同時に”しっとり”するのがいいんです。

大豆から生まれた豆乳発酵液、ヒアルロン酸、コラーゲンの保湿成分がたっぷりです。

親子で使える良質な洗顔料

毛穴の黒ずみニキビ肌にも効果があるので若い方にオススメできます。
そしてオトナ世代にも使って欲しい優秀な洗顔料。モコモコ泡で肌を傷つけず
洗い上がりがしっとり。泥の成分で美白効果も期待できます。

さて、どろあわわです

パッケージは使いやすいパウチタイプ。以前のジャータイプから改良されたそうです。

テクスチャー
にゅーっと出てきて取り出しやすいです。

doroawawa3-1x550



少し伸ばしたところ。まさに泥(クレイ)といったテクスチャー。

doroawawa1-4x550


泡立てネットを使います
付属の泡立てネットは100均のものより柔らかく目が細かいです。
引っ掛ける輪の部分は柔らかいゴム状なので便利。
doroawawa1-9x250 doroawawa1-8x250

泡立てネットを使ってたったの5秒!モコモコ泡ができます。

doroawawa1-5x550


逆さにしても垂れません。それくらい濃密な泡です。

doroawawa1-6x550


泡にまみれます
お恥ずかしい写真です。これでもまだ半分くらい泡が余るので、
お風呂で洗う時は一緒に首やデコルテなどカラダも洗えてしまいます。

doroawawa1-7x550


洗い上がりはさっぱり。ぬめりはありません。

使い始めてからの感想

モコモコ泡で洗顔することの大切さをあらためて痛感しました。
肌の透明感が増しています。

私は現在トレチノインでシミ治療をしていて敏感肌になっています。
そういった肌に合ったのだと思うのですが、やさしく洗うことでキメが整って肌が明るくなりました。
そのお陰でシミが薄くなった様にも見えます。

私にしては熱のこもった長めの記事を書きましたが、それほどビックリしています。

どろあわわについて詳しくはこちらをご覧下さい。





あわせて読みたい記事: